歯科助手技能認定

30.10.14 / 医療系資格について / Author:

医療機関の事務系のお仕事は女性にとても人気がありますよね。
その中でも、働き方が自由で再就職もしやすいのが歯科クリニックです。
歯科クリニックのお仕事を目指している方は、歯科助手に関する資格を持っていた方が良いでしょう。

その中でも、歯科助手技能認定というものがおすすめです。
これは一般財団法人日本医療教育財団の認定資格です。

【資格取得まで】
承認を受けた教育機関で所定のカリキュラムで技能を習得したのち、修了試験に合格した方が認定してもらえるものです。

【出題内容と合格基準】
○出題内容
学科I 受付事務に係わる基礎知識 合計25問以上
(医療保険制度/高齢者医療制度/公費負担医療制度/介護保険制度/医事法規一般/医事業務/医学一般/薬学一般/診療録/診療報酬算定の基礎)

学科II 診療介助に係わる専門知識 合計20問以上
学科I、 II ともに約60分(資料等の持込可)

○合格基準
学科I、IIそれぞれ90%以上の得点で合格です。

【身に付くスキル】
受付や医師や歯科衛生士のアシスタント業務、診療報酬の算定や点検などの歯科クリニックで必要なスキルを総合的に身に付けられ、歯科助手のスペシャリストを目指すことができます。

【資格の特徴】
医療保障制度の基礎用語や規則、カルテ読解に必要な事項、医薬品の一般名と薬物の作用、口腔衛生と予防、疾患別治療の流れと使用器材と介助方法など、とにかく幅広い範囲の学習をしなければなりません。

それだけ深い知識が身に付きますので、実務にも役立ち、医師や歯科助手のサポート役として大いに活躍することができますよ。

【資格取得方法】
専門学校に通って集中的に学ぶ方もいらっしゃいますし、お仕事をしながら通信制の養成講座で学ぶ方もいらっしゃいます。
ちなみに、ニチイ学館の歯科助手講座で目指すことができます。

Comments: 0

« | »